フィリピンで 海外進学・留学への視野を広げられる 「高校生留学プラン」を8月に開催

アメリカ留学情報
オーストラリア留学情報
その他

フィリピンで 海外進学・留学への視野を広げられる 「高校生留学プラン」を8月に開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピン・セブ島にある年間1,500人の日本人が留学する語学学校「本気留学サウスピーク」を運営する株式会社ハタチエイゴは、8月11日より、高校生が英語の4技能を高め、海外への視野を広げられる「高校生留学プラン~TOEFL・IELTS準備コース~」を実施する。
留学ニュース

本気留学サウスピークの高校生留学プランとは
<実施目的>

(1)フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンを通して、高校生の「話す」「書く」力を伸ばす。

2020年度の大学入試改革に向けて、学校の先生の「指導力・英語力不足」を理由に、生徒が「話す」「書く」活動を十分に行えていない状況を踏まえ、フィリピンで4技能を強化する機会を提供する。

(2)現地大学の見学や、日本人留学生との交流を通して、高校生の「海外への視野」を広げる。その上で、海外留学・進学や大学受験でのカギとなる「TOEFL・IELTS試験」への理解を深める。

(3)最終目標として、大学受験の成功はもちろん、海外留学・海外進学を実現する「外向き志向」な生徒の輩出を目指す。
高校生の「話す」「書く」を含めた英語の4技能を強化する
文部科学省が2017年に行った調査によると、高校3年生の英語力の目標である「CEFR A2レベル以上」に到達している生徒の割合は、「聞くこと(33.6%)」「読むこと(33.5%)」であるのに対して「話すこと(12.9%)」「書くこと(19.7%)」という結果だった。

これに対し、教員の英語力も、高校教員の英語力の目標である「CEFR B2レベル)」に到達している割合は全体の68.2%と、目標の75%を下回っていることが分かる。

また、「話す」「書く」ことを含めた英語の言語活動を授業中に実施している高校は、全体の約半分という結果でした。教育現場では「教員の英語力不足」や、生徒の「話す、書く活動の不足」が課題になっていることが推測される。

こうした「学校の授業だけでは、英語の4技能を伸ばせない」という現状を踏まえ、本気留学サウスピークは2016年に、高校生が「話す」「書く」を含めた英語の4技能を強化できる「高校生留学プラン」を開始した。           (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 留学ニュース に関連する商品
  • 仙台育英学園がアメリカ留学前のVRシミュレーショントレーニングを導入(4月3日)
  • MeRISE、新型コロナ感染症拡大による影響を受けた海外留学者に救済プランの提供を開始(3月26日)
  • アイエスエイが2021年度高校生の中長期高校留学募集開始(3月21日)
  • フォースバレー・コンシェルジュが外国人留学生向け8言語での「就活ホットライン」を開設(3月13日)
  • アイエスエイが小・中・高校生対象の外国人講師による国際交流や英語学習を目的としたプログラムの募集を開始(3月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    お問い合わせ



    モバイルサイト
    左のQRコードから
    モバイルサイトへアクセス