留学ニュース.com
2018年07月23日(月)
 留学ニュース.com

安くてお得な、インド留学!?

イギリス留学情報
アメリカ留学情報
オーストラリア留学情報
その他
留学ニュース新着30件






























安くてお得な、インド留学!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
注目の高まる「インド」
2025年には、中国を抜き人口が世界最大となることが予想されている、「インド」。

経済の成長も著しく、そのGDPは、2015年には日本、2040年にはアメリカを抜く可能性もあるという。

そうしたインドの成長を見込み、デリー大学のヒンディー語科に、韓国人留学生が増えているそうだ。

韓国人留学生は、単に「ヒンディー語」を習得するだけでなく、「MBA」のような専門コースを専攻することも多いという。

では、そんな「インド留学」は、いったいどのようなものなのだろうか。

留学
「インド留学」について
「インド留学」といっても、「ヒンディー語」を習得する必要があるのかというと、そうではない。

インドでは、ビジネスで英語が使われており、大学でも一般的に授業や試験は英語で行われるそうだ。

学士過程は、学科の科目を選択するオナーズコースと、学際的に幅広い分野を学ぶパスコースに分かれ、どちらも卒業までの機関は3年間となる。

博士課程前期(Master=修士課程)、博士課程中期(M.Phil=Master of Philosophy)、博士課程後期(博士課程=Ph.D)などにも入学は可能だが、学びたい分野やこれまでの経歴などにより、自分にあった過程を選ぶ必要があるだろう。

費用について
学費は、安いところは年間で文系約1200ドル、理系約1700ドルなどから、高いところは約4000ドルと日本の専門学校なみの料金をとるところもあるようなので、こちらも事前に確認することが必要だ。

それに加えて、約400ドルの外国人登録料なども支払うことになるが、欧米の大学へ留学することを考えれば、かなり“お得”な値段であることは間違いないだろう。

生活費も、平均は月1万円と破格の安さであることも魅力的だ。

受験について
受験の際に必要なのは、実は「最終学歴の英文成績証明書」のみで試験もないため、大学入学は割と簡単にできてしまうのだとか。

しかし、気をつけなくては行けないのが「合否の確認」。

なんと、驚いたことに、インドの大学は合格通知を送らないそうで、願書を送った後は自分で大学に個別に問い合わせを行い、結果を確かめる必要があるという。

インド留学で、ひと味違う留学を
インドの在留邦人数は、2012年8月現在で約4000人と、まだまだ日本人の数は少ない。

だが、だからこそ、国際力を身につける機会も多いだろうし、学部の勉強や語学の習得に集中できるのも事実だ。

留学をお考えの方は、ぜひ「インド留学」を選択肢のひとつに加えてみてはいかがだろうか?

【関連ニュース】

インドに流れ込む韓国人「英語の次はヒンディー語」

必見!たった“10ドル”でカナダの学校に通える裏技!

「紛争地留学」高学歴学生を魅了
外部リンク


まさら通り-インド発信-
https://sites.google.com/site/masaladoori/home

現代ビジネス:インド留学への道 (その1)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33249
Amazon.co.jp : 留学 に関連する商品
  • 海外留学サービス「スマ留」、平成30年6月度月次申込件数が前年同月比451%達成!(7月11日)
  • 夏期限定企画「ワーキングホリデー&留学セミナー2018」開催(7月4日)
  • JTBグループ、アメリカの企業で実務研修 「キャリア・トレーニングプログラム」実施(6月27日)
  • 身近な留学経験者と出会える留学コンパスが大幅リニューアル(6月20日)
  • 「アゴス大学留学サマーフェスタ2018」開催のお知らせ(6月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    お問い合わせ



    モバイルサイト
    左のQRコードから
    留学ニュース.comモバイルサイトへアクセス
    http://www.ryugaku-news.com/