「JAL農業留学2021」が第二期研修の参加者募集を開始―研修地として長崎県平戸、奄美大島を用意

アメリカ留学情報
オーストラリア留学情報
その他

「JAL農業留学2021」が第二期研修の参加者募集を開始―研修地として長崎県平戸、奄美大島を用意

このエントリーをはてなブックマークに追加
JALは、関係人口拡大による地域活性化を目指し、地域移住や就農に関心のある方々を対象に、地域にて農業を経験できる「JAL農業留学2021」を10月より実施している。

今回、12月1日より第二期研修の参加者募集を、開始した。第二期研修では、JALが包括連携協定を締結しており世界文化遺産で絶景の長崎県平戸市と、世界自然遺産の奄美大島内に位置する鹿児島県大和村にて実施する。

また、第一期研修同様、農林水産省の農山漁村振興交付金(地域活性化対策(人材発掘事業))採択事業として、農山漁村と新規就農希望者との理解を深める機会として実施するため、同研修に関わる交通費・宿泊費は無料となる。

留学ニュース

将来的に地域への移住や就農につながるきっかけとなることが目的
「JAL農業留学2021」は、事前学習(オンライン)と地域での農業体験をセットにした短期農業研修で、少しでも農業に関心を持つ人が気軽に参加でき、将来的に地域への移住や就農につながるきっかけとなることを目的にしている。

これまでに、第一期として3ヵ所(岩手県遠野市、秋田県藤里町、宮城県蔵王町)にて研修を実施したが、参加者には、水稲(脱穀作業)、露地栽培の収穫など農業体験を行ってもらった。

【「JAL農業留学2021」第二期研修 概要】
●現地研修:滞在期間は約2週間
・研修参加者募集地域・実施期間
①長崎県平戸市
実施期間:2022年1月30日(日)~2月12日(土)
研修内容:イチゴハウス栽培などの農作業、定置網漁などの漁業体験や6次産業化、農山漁村での農泊や地域体験
②鹿児島県大和村
実施期間:2022年2月13日(日)~2月26日(土)
研修内容:たんかんの収穫などの農作業、すもも加工な どの6次産業化、農村での生活体験や世界自然遺産の観察ツアー
●費用:交通費・宿泊費無料(現地での食事代は各自で負担)
●応募について:
 1)募集開始:12月1日(水)~
 2) 募集人数:各地域20名程度
       ※応募が多数となった場合は、募集を終了し、
        厳正なる抽選のうえで参加者を決定。
 3) 対象者:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に在住の20
       歳以上60歳未満の方
4) 応募方法:以下、専用サイトより応募。
●専用サイト: https://japan.jal.co.jp/nogyoryugaku/




            (慶尾六郎)
Amazon.co.jp : 留学ニュース に関連する商品
  • ECC、VRを活用した外国人講師とのリアル英会話サービス 「VR留学体験プログラム」 提供開始(1月15日)
  • パソナグループ 、淡路島に1年間“留学”する『AWAJIビジネス留学制度』を4月開始(1月9日)
  • 島根県隠岐郡海士町、2022年2月25日~3月4日に7泊8日の「冬のお試し島留学」を実施(12月27日)
  • オーストラリア政府が留学生受け入れ再開(12月17日)
  • 栄光、中学1年生から高校2年生を対象に「オンライン国内留学」を開催(12月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10
    お問い合わせ



    モバイルサイト
    左のQRコードから
    モバイルサイトへアクセス